YouTubeにてゲーミングデバイスレビューしてます!【こちらをクリック】

4Kゲーム用プロジェクターはこれで決まり【TK700STi】


どーも!おたつ(@i_am_yutori_man)です!

おたつ

大迫力で競技シーン向けゲームもプレイできるプロジェクターって知っとる?

どうやらそれを可能とするゲーミングガジェットが存在するらしい。私の作業部屋は5.5畳とむちゃくちゃ狭いわけだが、そんな環境でもしっかりと使える模様。

BenQ TK700 STi

画像を見て「なんだ?ただのプロジェクターじゃん」と思った方もいるだろう。しかしながら、その辺で売ってるような物とは別格だ。

別格の理由
  • 4K映像を楽しめる
  • 応答速度はモニター並み(4ms)
  • 最大リフレッシュレート240Hz(1080p)

4Kは当たり前、フルHDではならゲーミングモニターと同じレベルのリフレッシュレートでゲームを楽しむことができる。そんなゲーマーの夢を詰め込んだデバイスを当記事で紹介していく。

製品はBenQ様から提供いただきました。

動画でもレビューしてます!

BenQ TK700STi について

サクッとどんな物なのかスペックを見ておこう。

簡易スペック表
方式DLP方式
解像度4K UHD(3840×2160)
輝度3000 ルーメン
コントラスト比10000:1
色再現性Rec.709 カバー率 96%
投射距離2m 100インチ
その他スピーカー搭載/HDR対応/Androidテレビ搭載
遅延4K: 16.67 ms @60Hz
1080p: 16.67ms @60Hz
1080p: 8.33ms @120Hz
1080p: 4.16ms @240Hz
(高速モードON)
販売価格約¥200,000

ゲーマーが特に気になる部分は遅延やリフレッシュレートだと思うが、プロジェクターだと思えない。最高4msと人間が遅延を感じられないレベルだ。

TK700STi 背面部分

端子類は豊富で、HDMIに関しては2つ接続が可能だ。PS5とPCを常時接続することだってできる。

付属のドングル

BenQのロゴがあるカバーを外すことで付属のドングルを装着できる。このドングルを差し込むことでAndroid TVが使えるようになる。※TVに装着するKindleスティックのようなイメージ

TK700STi 上部

プロジェクターの上部には電源ボタンなどが集約されている。分かりやすい配置で、直感的に操作することができる。

TK700STi 下部

プロジェクターの底部には調整可能な脚が3本ついている。これを回すことで角度調整ができる。

BenQ TK700STi 設置イメージ

設置イメージ

狭い部屋にどう設置するんだ?と思われる方も多いと思うので解説しておく。

おたつ

置き場所はかなり融通がきくと思うよ!

私の部屋は5.5畳と狭いながらも、近距離から投射できるのがTK700STiの強み。新しい置き場所を確保することなく、既に設置してる銀ラックから投射することにした。

布タイプの格安スクリーン

壁にそのまま映しても良かったが、せっかくなので布製の格安スクリーンを購入した。我が家は賃貸だが、壁に画鋲で取り付ければ跡も残らない。

短い距離でも投写可能

今回設置したのは80インチのスクリーンだが、もっと広い部屋なら100インチ120インチと更にデカイ画面でゲームや動画を楽しむことも可能だ。

BenQ TK700STi 実際に使用した感想

TK700 STi

プロジェクターでゲーム?と思ってる人も購入すれば「これは良い!」と思えるレベルの仕上がりだと自信を持って言える。BenQの技術力の高さが全面に出ているとても良い製品だ。

おたつ

ゲームにとって遅延は致命傷じゃからね…実際に使ってみて、良い点から気になる点までしっかりと見えたので解説していくよ!

ガチゲーマーでも遅延は感じないレベル

PC版APEX

普段からガチでプレイしてるAPEXをゲーミングPCに繋いで使用してみた。

ゲーミングPCのスペック
  • CPU:Ryzen7 3700X
  • GPU:RTX3070 Ti

むちゃくちゃ高スペックのゲーミングPCではないが、フルHD240HzくらいでAPEXはプレイ可能だ。実際に射撃場でいつも通りR-99や弓などを撃ってみたが、全く違和感なしにプレイできた。

普段から愛用しているBenQ競技シーン向けモニター

画面の吸い付く感じは、普段から愛用しているBenQ XL2746Sの方が上だとは思うが、誤差レベルにしか感じなかった。3.5msくらいの差は私の目では違いが分からないみたいだ…

ぬるぬるプレイできるとはいえ、流行りのFPSゲームやバトロワゲームは敵を視認するのが難しいと感じた。とはいえ、慣れればチャンピオンを取るのだって難しくないだろう。

おたつ

単純にAPEXを大画面でプレイできるのが楽しかったで!

プリセット切り替えでどんなシーンにも合う

3種類のモードを搭載しているが、その中にFPSモードというのがある。ゲーミングモニターによく搭載されてる暗い場所もクッキリさせるような機能だ。

その他だと、RPGやSPGと自分がプレイするゲームに合わせて使い分けることが可能。

最新作のテイルズで比較してみたが、色合いの変化はなんとなく分かっていただけるはず。発色の良さから、テイルズはRPGモードでプレイするのが良いだろう。

鮮やかな映像はRPGやホラーゲームと相性抜群

テイルズオブアライズ

今回はテイルズしかプレイしていないが、ホラーゲームとも相性抜群。超大画面でバイオハザードとか、迫力満点の体験ができそうだ。3Dサウンドとの相性も良さそう。

ムービーシーンの迫力がすごい

RPGゲームなんて久々にプレイしたのだが、最新のゲームはグラフィックがむちゃくちゃ綺麗。大画面の良さを最大限に活かして楽しむことができる。

おたつ

会社で使うようなプロジェクターの数倍は鮮やかに見えたね。BenQの技術力凄まじい!

この際は4Kで出力していたが、遅延は特に気にならずプレイすることができた。16msくらいならRPGは全く問題なく遊べる模様。

明るい場所でもクッキリ見える

プロジェクターは暗い場所で使うのが当たり前くらいに思ってたのだが、部屋を明るくしても問題なく使用できた。仕事で使うようなプロジェクターとはレベルが違うと再認識させられる。

暗い方が色がハッキリしてるとは思うが、十分ゲームをプレイできるレベルだ。

プロジェクターの排熱は凄まじい

冬は暖房代わりになる?

当たり前だが、プロジェクターは明るい光を発するのでかなり熱をもつ。排熱用のファンから出てくる温風は弱めのヒーターレベルだ。

スピーカーの横にもファン

ゲーミングPCを使ってても部屋は熱くなるわけだが、その上をいくのがプロジェクター…排熱がヤバいというのは知った上で購入した方が良いだろう。

ゲーミングプロジェクターを探してるなら BenQ TK700STi

TK700STi

数週間色々な使い方を試させてもらったが、とにかく面白いゲーミングガジェットだと思った。ゲーミングモニターで実績のあるBenQだからこそ作れるゲーミングプロジェクターと言っても過言ではない。

良かった点
  • 競技性の高いゲームもプレイできる
  • 台形補正で場所を選ばず設置可能
  • AndroidTVを使えば映画館になる
気になった点
  • お値段が高い

まとめると…気になった点は値段が高いしか思いつかない。製品としての完成度は凄まじいくらいに高く、ガチゲーマーも納得して使える性能をもっている。

おたつ

ゲーミングモニターでさえ144Hzがようやく一般的になってるわけで…プロジェクターが240Hz出るって想像もしてなかった件。

ゲーマーには馴染み深いBenQというメーカーだからこその安心感…プロジェクターも自信をもって人に勧められる。値段さえクリアすれば右に出る物はない製品だ。

お家時間を更に楽しみたい!という方は是非検討してみて欲しい!

ってなわけでおわる!

以上!おたつ(@i_am_yutori_man)でした!

スポンサーリンク
Amazonでゲーミングデバイスを買う人必見!
おたつ
Amazonで購入する際、損しとる可能性があるで!お得にデバイスを買いたいならチャージして買うべきじゃ!
アマゾンチャージ   アマゾンチャージというサービスをご存知ですか? 現金で支払う人は損してるかも...? 最大2.5%のポイントが戻ってくるお得なサービスです。

アマゾンチャージ   通常会員でも最大2%のポイントがもらえるので、新しいデバイスの購入資金になりますよ!

ABOUT US

おたつゲーミングデバイス厨
どーも!おたつです!ゲーミングデバイスが好きすぎて、買いまくる癖からレビューをはじめました!もういくら注ぎ込んだのか分かりません...(笑)ブログとYoutubeを通して、購入前の参考になる情報を発信してます!お仕事の依頼やレビュー依頼は、問い合わせ又はTwitterのDMにて受け付けています。
YouTubeでゲーミング情報発信中!
チャンネルを見に行く!
YouTubeでゲーミング情報発信中!
チャンネルを見に行く!