Mac mini 2018 認定整備済製品が届いたのでレビュー!価格を抑えて購入でき大満足!

アップル

どーも!アップル信者のおたつ(@i_am_yutori_man)です!

何かとアップルデバイス好きになっとるんじゃけど、皆さんはアップルデバイスいくつ所持しとるかな?大抵の人がiPhoneだと答えるじゃろう。私の場合スマホ・時計・ノートパソコンがアップル製なわけで、少しずつリンゴの事が大好きになっている…?

そう、その大好きなアップルデバイスを動画編集のために新調しようと思ってたところMac mini 2018認定整備済製品がストアに出たのでポチってしまった。数日も待たないうちに製品が到着!ってことでレビューしていくで!

注文したMac mini 2018 のスペック

今回整備済製品としてストアに出ていたのが以下のスペック

  • CPU:3.2GHz 6コア第8世代Intel Core i7
  • メモリ:16GB 
  • ストレージ:256GB SSD
  • Ethernet:ギガビットEthernet

ブログやネットサーフィンするのであれば申し分のないスペック。動画編集もちょこちょこやるくらいなら十分だと思った。

一番安いi3のベースモデルと迷った

下記モデルも同時期に整備済製品としてストアに並んでいた

  • CPU:3.6GHzクアッドコア第8世代Intel Core i3
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:128GB
  • Ethernet:ギガビットEthernet

既にWindowsのゲーミングPCを所持しており、そちらは「第4世代のi7 4790」のため結構古い。しかし当時ほぼ最高スペックのCPUにしてたお蔭か大学生の時から今までスペック不足を感じる事は少なく使えている。正直スペックを落とすのは不安。ベンチマークを見ると「i3 8100」に比べて型落ちの「i7 4790」の方が良い。

Macbook12 2016」も所持しているが、それと比べれば「i3 8100」は高性能に見える。ただ長い間動作に不満無く使えるかと言えばそうではないと思った。

また「メモリ8g・SSD128GB」は不安要素にしかならない。メモリ8gだと所有しているMacbookと変わらない。SSD128GBは使用できる容量が少なすぎてストレスにしかならないと思った。よって今回購入には至らなかった。

Mac mini 2018 CTO整備済製品を選んだ理由

まずスペックに関して言うと、動画編集が軽くできてmacOSXが快適に動けば良いと思っていた。今後の事を考えるとCPUはカスタムできる最高の物、メモリは16G、ストレージは最低でも256GBは必要だと判断した。

iMac 2019」が発表され、そちらに心が動いたりもしたが、金額面・置くスペースの事などを考えると没に。Mac miniであれば金額は最小限に抑えられ、スペースも取らない。正直なところiMacで高スペックにすると私の用途では勿体無いと思った。

またLGの4Kモニターを所持していたり周辺機器に関しては、何も追加で購入せずともMac miniを満足して使うことができる状態にある。

↓私の所持しているモニター↓

そして整備済製品はCTOで購入するよりも安いということ。約15%安くなり、アップルから直接購入するため、1年保証も付く。

以上の事から今回私は購入に踏み切った。整備済製品で自分に合ったスペックが見つかるかは運なので、購入検討している人は定期的に確認する事を推奨する。

Mac mini 整備済品が届くまでの日数

  • 注文日4月11日
  • 到着費4月12日
おたつ

そう、むちゃくちゃ早く届くで!!!

通常CTOで注文すると結構な日数がかかる。整備後国内の倉庫に保管しているのか購入後は当日出荷も可能な模様。私の場合分割24回払い金利0キャンペーン中だったので分割購入にしたが、審査はすぐ通過し翌日には届いた。

Mac mini 2018 開封

Mac mini 登場!
ここを持って取り出そう
内容物は3点
背面の端子部分

Mac mini 2018 を使ってみて

元々使っていたOSX端末がmacbook12 2016だったのも有り超快適に感じる。持ち運びが手軽にできるmacbookは重宝するのだが、やはりスペックが物足りない。imovieで軽い編集をする場合でもカクつくし、止まる事がある。ファイナルカットプロなんて使い物にならないレベル…とは言っても軽い作業用のパソコンを動画編集に使ってる時点で間違いだが…

Mac mini 2018に替えてからは軽い動画編集をするのが、かなり快適になった。グラボが搭載されていないため不安はあったが、エフェクトを多様しなければオンボードでも十分使えると思った。今後エフェクトを多様するような動画編集をするようになれば、egpu(外付けグラフィックボード)を購入するか、egpuボックスを使用することで、現在所持しているRTX2070を使用したいと思っている。(現在nvidiaのgpuは正式に対応していない模様)

CPUは8世代のi7になり、コア数スレッド数が増えたため、サクサク感が段違いに感じる。今までWindowsのゲーミングPCをメインで使っていたが、それ以上にサクサク動いてくれている気がする。今後はMac miniがメインになりそうだ。Windowsはゲーム専用、Macはブログ・動画編集・写真編集などに使っていこうと思う。

また小さく置き場所に困らないPCとしてかなり優秀。実際のところゲーミングPCは拡張性を考え大き目のケースにしたためかなり邪魔になっている。デスク周りをスッキリでき、小さくてもパワフルなスペックを持っているMac miniは最高だと感じた。PCを持ち歩く事がない、小さい本体が良いという人に最適のマシーンと言える。

Mac mini 2018 購入後の不安点

今の所大きな不安は無く満足はしているが、今後の事を考えるとメモリは32G、ストレージは1TBくらいにしとくべきだと思った。お金に余裕があるなら自分の用途よりも少しオーバースペックかなと思えるカスタマイズをすると良いかもしれない。

私の場合整備済製品を購入したためカスタマイズは不可能だったが…今すぐ購入できる最高スペックをチョイスしたので後悔はしていない。購入検討している人はしっかりと考えて後々後悔しないスペックで注文すると良い。

Mac mini と一緒に購入したもの

おたつ

開封写真見てもらったらわかるんじゃが、Mac miniは周辺機器が何もついてないんじゃわ…

そう、元々マウスやキーボードを持っている人は何も追加で購入する必要は無い。しかしMac miniが初のPCとなると話は別、必要な物が出てくる。

マジックマウス

トラックパッド

マジックキーボード

HDMIケーブル

正直なところHDMIケーブルさえ入っていないのは驚いた。箱に入ってるのは電源コードと本体のみなので、手元にない人は購入しないといけない。私は1世代前のアップル純正マウスとキーボードを格安で購入した。

今後購入検討している物

私の場合ストレージが256GBとあまり多くない。そのため動画などの重たいファイルを保存する場所が必要になってくる。外付けSSDとHDDの購入を検討中。

↓金額は少し高いがThunderbolt対応のSSD↓

↓格安ポータブルSSDをHDDのように贅沢に使用するのも有り↓

↓HDDなら3TBあれば足りるはず↓

おわりに

おたつ

良い買い物ができて超満足!!

私はアップルの新しい製品が出る度に買いたくなるんじゃが、価格が高く中々手が出せない。正直Windowsの方がコスパが良いのはわかっているんじゃが、OSXに触れてからというものMacの高スペックPCがずっと欲しかった。

購入に踏み切れた理由として、24分割で購入すれば月々の負担が少ないということ。そして毎月のブログ収入だけで支払えるようになったからじゃな。正直なところ、こんな理由で購入する事になるとは思わなかった。

せっかく良いPCを手に入れたのだから、今後ブログ・動画編集などにはもっと力を入れていきたいと思ってる。持ってても使わなければ意味がないからな。今後も継続しスピードを上げていきたい。

って事でおわる!

以上!おたつ(@i_am_yutori_man)でした!


スポンサーリンク